債権回収に関する弁護士費用
債権回収に関する弁護士費用
※実費は別途ご負担いただきます。
【通常売掛金債権の場合】
着手金
交渉交渉+訴訟の2/3の金額
交渉+訴訟(調停を経る場合には別途費用がかかります)経済的利益算定基準
300万円以下経済的利益の額×8%
※最低10万円

300万円を超え3000万円以下経済的利益の額×5%+9万円
3000万円を超え3億円以下経済的利益の額×3%+69万円
成功報酬
回収した金額経済的利益算定基準
300万円以下経済的利益の額×16%
300万円を超え3000万円以下経済的利益の額×10%+18万円
3000万円を超え3億円以下経済的利益の額×6%+138万円
【少額売掛債権の場合】

※少額とは、『1千円以上~数十万円』を想定しています。
※※普通郵便にかかる実費については、クライアント様のご負担なし!!
※※※ご委託債権の件数が少ない場合にはお受けできない場合もございますので、あらかじめご承知おき下さい。
着手金
交渉なし
※事案の難易等により異なりますので、お気軽にご相談ください。
支払督促1件あたり5千円~3万円
※事案の難易や申立件数等により異なりますので、お気軽にご相談ください。
※支払督促異議申立後等の通常訴訟の場合には、1期日2万円の日当をいただきます。
完全成功報酬
経済的利益算定基準
回収した金額経済的利益の額(回収金額)の30%~45%
※債権の件数や規模等のボリュームや継続委託等を勘案して、報酬率を定めますので、お気軽にご相談ください。
リース物件引き上げサポート
要ご相談